ビジネス脳とエンジニア脳

高度情報処理試験では単純に技術を問う問題だけが出題されるわけではありません。

経営戦略の知識やマネジメント、監査など様々な関連知識も問われます。

ただ、その思考も結局理論的になってしまうのは、長年のエンジニアとしての性なのでしょうか?

理論的に顧客の特性を捉え論理的に攻略を考える。

でも、それでは本当の事業は運営できません。

顧客の気持ちになる。
いま、何を困っていて何をどう解決したいのか?
顧客自身が気が付かない本当の原因や本当の未来像を想像し、発見し、解決策を見出す。

そういう、思考が事業を運営して行くうえで必要なビジネス脳なんでしょう。

でも、まだまだそおいう思考が自然とできるようになるには時間がかかりそうです。

そして、起業を目前にして、迷いや不安も募ってきます。

そういう時は目標を決めて一心不乱に取り組むことで、不安になる暇を与えない戦略が良いようです。

 

 

あなたに贈る人生のくすり箱
愛さなくてはいけない ふたつのこと

実践マーケティング戦略 その2

今日も、自分と同じNTT出身(同じなのはこれだけ)でMBA、中小企業診断士の著者が書いた、自分にはマーケティングのバイブルとなっている著書について書いてみます。

 



この本の目玉となるツールである戦略BASiCS
B:Battlefield 戦場
A:Asset マーケティング資産
S:Strength 強み・差別化ポイント
i:語呂合わせ
C:Customer 顧客・ターゲット
S:Selling Message 売り文句


のうち、今回は戦場について
「戦場は顧客の頭の中に存在する」
基本はブルーオーシャン戦略ですが、これも実際はなかなか難しい。


ただ、既存のものと既存のものを組み合わせると既存でなくなるというのもありますし
新たにジャンルを起こしてしまうという手もあります。


この辺も、やはりセンスがものを言いそうです。
やっぱり、難しい!!
でも、面白い!!

実践マーケティング戦略

自分と同じNTT出身(同じなのはこれだけ)でMBA、中小企業診断士の著者が書いた、自分にはマーケティングのバイブルとなっている著書。

 

 

今日はその中からいくつか紹介します。

まず一番大事なのが理論や戦略に終わらず、実践に投影すること。

でも、これが、一番難しい。

ちゃんと考え、その考え通りに実行する。

考え方が間違っても、実行方法が間違っても、理論と行動が合致していないと最大の効果が得られなくなります。

そのための方法として、著者が強く訴えているのは数値化です。

戦略を数値目標に落とし、その数値をしつこく追いかける仕組みを作ること。

そして、数値化することで、結果に近いシミュレーションができ、ベンチマーキングで競合他社との比較もわかりやすくより正確なものになります。

まだまだ、入口ですが、今日はこの辺で・・

北海道ベンチャー・スタートアップEXPO2013

北海道の元気な企業がたくさん参加していました。

ビジネスプランコンテストに参加された企業、団体、個人事業者の方々もさすがという感じでしたが、やはり審査員3名のコメントのスケール感や視点の違いは多くの企業をスターアップさせてきた実績の重みを感じるものでした。

やはり、そういう環境に居れるのは恵まれていると思うと同時に北海道もそおいう環境になってほしいという気持ちも大きくなりました。

大企業や世界と勝負している人たちと普通に接することができる環境とそういう人たちと話ができる図々しさが北海道には足りないのかな・・

 

ということで、個人的に、気になった企業をピックアップしてみました。

1.VERSION2

VERSION2

VERSION2

LMS(Learning Management System)という、パソコンなどを使いデジタル化された教材や課題、インターネット上で議論や交流、先生と学生間の相互交流を可能とする学習管理システムを札幌で展開を始めた企業です。

 

 

 

2.札幌コワーキングスペースBASE

札幌コワーキングスペースBASE

札幌コワーキングスペースBASE

古民家を再生し、札幌に秘密基地的コワーキングスペースを作った企業です。

会社の近くなのに気が付きませんでした。

今度、行ってみます。

 

 

 

 

3.クリエイティブ ネクスト デザイン

 Creative Next Design

Creative Next Design

名刺1/3ほどのCPUモジュールを開発した企業です。

軽量で、発熱も非常に少なく、応用範囲が広そうです。

インターフェースもLANによりケーブルも軽く細くでき、軽量化できます。

 

 

 

 

4.アイテック北海道

アイテック北海道

アイテック北海道

スマホのレジが使用料無料・・でも、まだ開発途中。

早く、リリースしてください。

 

 

 

 

5.GEL-Design

GEL-Design

GEL-Design

 

北海道大学の研究成果の実用化を目指して、機能性ジェル素材の実用化を推進する研究開発型ベンチャー企業です。

米や大豆からエコな柔軟剤や洗濯糊を開発しています。